"> *旬なHAWAII * Memory
Rapping paper


昔むかし、田舎の店では新聞紙が包装紙代わり
家に戻る頃には手が真っ黒
それで鼻をこすったものなら「クマさん」になって帰宅
今では新聞紙もオシャレ化で"フランス語"で包装紙を製作しているらしい
日本語なら「あら、こんなことあったの~」なんて開封の前に読んでしまうが、フランス語なら素通りだしf^_^;☆







*フランス語?





Memory
▲ pagetop
Masazumi chan

Memory
▲ pagetop
pufferfish
04102012_50mm_012a.jpg
20数年前にハワイ島からの彼へのおみやげとして買ってきたふぐの風鈴
貝殻部分はすでに猫のおもちゃになり残り少なくなったが、顔のおもしろさは全く老けていない(^m^)ぷっ!☆


4/10/2012撮影
CanonEosT2i+50mmF1.8


Memory
▲ pagetop
あれから・・・・
この記事はブロとものみ閲覧できます
Memory
▲ pagetop
reso'cha
03042012_P1010924aa.jpg

不用品整理をしていたら出てきた懐かしのスリッパ
JAL Reso'chaは仙台から出ていたホノルル便-里帰りには非常に便利な有難い存在だった
リゾッチャという響きも懐かしい、それもそのはず、1994年と言えば18年も前の話
*Reso'chaWikipediaで検索して記憶をたどる
ゆったりした時の流れとあたたかさを感じる絵柄-King & Queenで1Pair
仙台便があると里帰りも楽なのだが。。。。☆




Memory
▲ pagetop
「絆」
「もうすぐ結婚記念日だねー得意のブタの絵でも描いてくれる?」という私に持ってきて見せたスクラップブックの中のマンガ

Sunday Comicsから気に入ったマンガを切り取って集めているので、前に見せてもらったことがある

忘れた頃に又同じものを、しかも人の描いたマンガだもんね~~~~☆

lovel etter-54yrs 001a
By BLONDIE by Dean Young

パパパッと目で読んで理解できるもんじゃない、声を出して読んで何分か後に「ふーん」
忘れっぽいので「今度はちゃんとコピーして取っておいてね」と念を押されたのでf^_^; ここに残す☆



Memory
▲ pagetop
ふるさとの海
IMG_0058_20090429050110.jpg

二階から見えていたのはこの辺り
*次兄が撮った写真* をもう一度眺め、頭の中にふるさとの穏やかな美しい海をめいっぱい描く☆





Memory
▲ pagetop
「現実」
地震の被害はあるだろうが、小高い所なので津波は大丈夫だろうと思っていた
気仙沼に行って家を見てきた仙台に住む甥が、姉を訪ね家と地元の被災の様子の写真を見せてくれたそう
津波は実家の一階まで来ており、半壊状態とのこと
航空写真ではなかなかつかめなかったが、甥の写真で現実を目の当たりにし「涙が止まらない」と姉

1988oya03a_20110321203959.jpg

敷地内の桜の木で遊ぶ甥や姪(20年程前の写真)
ここまで登った大津波の勢いを思うと、海岸腺までの家々がなくなったというのも・・・・これが現実

甥は「片付ければいいから、大丈夫だから、心配しないで」と言い姉を励まてくれた(とのこと)
「頼もしい大人になったよ」
この度は甥姪の連携プレーで、叔父叔母の私たちに安否確認連絡をしてくれた
姉に食糧を届けにきた甥は勤務先の福島で避難生活をしていたが、仙台に戻れたようだ
ふたりのやりとりを想像しながら・・・・・・・・


きょうも又クリネックスのお世話になった☆




Memory
▲ pagetop
「みちのく公園」
この記事はブロとものみ閲覧できます
Memory
▲ pagetop
「好きです。」
この記事はブロとものみ閲覧できます
Memory
▲ pagetop